AAAの夏に聴きたい音楽10選 やっぱ名曲多いわ!

AAAの夏に聴きたい音楽10選 やっぱ名曲多いわ!

AAAの夏に聴きたい音楽をプレイリスト

夏到来ということで、男女混成ダンス&ボーカルのAAAから「AAAの夏に聴きたい音楽10選」を紹介します。


1.No Way Back / AAA

2017年7月5日にリリースされた新曲『No Way Back』。
伊藤千晃が卒業してから初となるシングルは、6人で魅せる大人のサマーチューンに。イントロのギターサウンドがのっけから夏のパーティー感を演出していますが、Aメロに入っていくとメンバーのセクシーな歌唱も相まって急にラグジュアリーな曲調に変化。
7人の時は歌割もシンメになっている印象でしたが、6人になってからは、それぞれの個性を肉付けしている感じです。6人のアーティストがセッションしている感じでしょうか。聴き心地のいいサマーチューンです!


2.Get チュ-! / AAA

2007年4月18日にリリースされた13枚のシングル『Get チュ-!』。
AAA初期の楽曲で、フルーチェのCMソングとしても起用されていたので、30代~40代の方は1度は聴いたことがあるはず。サビは女子メンバーの宇野実彩子が担当しています。ライブではフルーチェのCMにならって曲頭に宇野実彩子が「チューする?」とキュン死寸前のフレーズをファンに届ける演出が伝説として残っていますね。
青空が似合うサウンドですし、サビのファルセット部分は本当に風が吹いているような気分になれる楽曲です。


3.花火 / AAA

出典:Youtube

2007年7月18日にリリースされた初のトリプルA面シングル『夏もの』から『花火』
この楽曲はAAAの女子メンバー、宇野実彩子と伊藤千晃の2人が歌唱する夏のナンバーです。花火といえば打ちあがるときの豪快さと火花が消えていく寂しさの両属性を持っていますが、この楽曲は後者です。切ないメロディーが夏の切なさを表現しています。
MVでは宇野実彩子と伊藤千晃が浴衣を着ていますが、バックトラックに和楽器を取り入れていることもあり、浴衣や夏祭りが似合う楽曲です。


4.Summer Revolution / AAA

出典:Youtube

2009年7月29日にリリースされた21枚目トリプルA面シングルの1曲『Summer Revolution』。
先ほどAAA女子メンバーの楽曲を紹介したので、もうひとつ紹介します。この『Summer Revolution』は『花火』と打って変わりアップテンポなサマーチューンです。この曲から本格的に伊藤千晃がAAAのメインボーカルとして起用されるようになりました。
この「ザ・avexサウンド」が耳に残りますね。avexイズムをちゃんと引き継いでるなと感じさせる楽曲です。今年の夏はちょっと一味違う自分を見せるシーズンにしたいという人におすすめ!


5.LOVER / AAA

2014年2月26日にリリースされた39枚目のシングル『LOVER』。
懐かしい楽曲が続いたので、少しだけ時を進めて夏歌を紹介します。この時期には7人全員で歌唱するスタイルに変化して定着していました。夏はアップチューンな楽曲が多いAAAですが『LOVER』では、ミディアムテンポで余韻を感じるサマーソングをリリース。メンバーも大人になったし、こういう曲が似合うようになったなと思ったファンも多かったのではないでしょうか?MVでのプライベート感も普段のAAAの姿が垣間見えるので、併せて視聴するのがおすすめです。


6.Wake up! / AAA

出典:Youtube

2014年7月2日にリリースされた41枚目のシングル『Wake up!』。
この楽曲はアニメ「ワンピース」15周年PR大使に就任したAAAによる主題歌として大きな注目を集めました。AAAのセンター・西島隆弘が「ワンピース」の大ファンということもあり、AAAにとっては念願のタイアップソングに。
「ワンピース」といえば海賊、海賊といえば海、海といえば夏! ということで選曲させてもらいました。にしても1回聴いただけで「ワンピース」っぽいと思わせるのはすごいことだと思います。作品の力もありますが、AAAメンバーの表現力も高い証拠ですね。


7.777 〜We can sing a song!〜 / AAA

出典:Youtube

2012年7月25日にリリースされた33枚目のシングル『777 〜We can sing a song!〜』。
777には7人で、7年目の、7月に発売のシングルという意味が込められていて、AAAのアニバーサリーソングとして今も歌われています。
これでもか! というくらい夏を感じるサウンドで、イントロでは太陽が地平線から浮かぶ情景、曲中はサマーパーティー感で進み、疾走感もある楽曲です。メンバー間のハモリや日高光啓の合いの手を打つラップのフロウもセッション感があって、アガるサマーチューン!


8.風に薫る夏の記憶 / AAA

こちらは先ほど紹介した『Wake up!』のカップリング曲『風に薫る夏の記憶』。
カップリングだからと侮ることなかれ。専用MVも制作され、動画再生回数も1600万を超える大反響を生みました。
とにかく切なさと儚さを感じる夏のラブソングです。AAAはダンスボーカルグループですが、バラードも聴きごたえのあるグループ。7人の表現で作る10年前の夏の記憶が鮮明に伝わる楽曲です。夏の切ない思い出を音楽と一緒に寄り添いたいときに聴きたいですね。


9.SUNSHINE / AAA

こちらまた過去の名曲にタイムスリップして『夏もの』から『SUNSHINE』を紹介。
サウンド、MV、歌詞、すべてが夏を感じさせる夏のナンバーです。Aメロでは普段ラップを担当する日高光啓(SKY-HI)が、メロディラインをHIPHOPのフロウで聴かせます。特にライブでは西島隆弘との掛け合いも遊びがあって、歌う方も聴く方も楽しい楽曲。Cメロの浦田直也と西島隆弘のパートもサンセット感があって夏のストーリーを感じさせます
海でも聴きたいし、ドライブでも聴いてよし。使いどころ満載のサマーチューンです。


10.ハリケーン・リリ、ボストン・マリ / AAA

https://youtu.be/oJWeaAeSxFE
出典:Youtube

ラストは2006年5月31日にリリースされた7枚目のシングル『ハリケーン・リリ、ボストン・マリ』。
初期の曲ですが、この曲はAAAにとって最重要ともいえる楽曲で、季節問わずライブで披露される鉄板曲です。ライブではメンバーとオーディエンスがタオルを振りながらコール&レスポンスをして盛り上がます。
夏のリリースということもありますが、MVの内容も夏を感じさせる内容です。真夏の無人島に遭難したAAAメンバーが、協力して無人島脱出を試みるストーリーは一見の価値あり!
実はこの楽曲にはいくつかパターンがあって、大きな違いはCメロに末吉秀太、日高光啓のソロパートがあるかどうかです。ライブでこの二人が歌っているバージョンで聴けたらかなり貴重なシーンを目の前にしたと思っていいでしょう。

それではみなさんも「ご一緒に!」聴いてください!


今年は自身が所属するavexの夏の音楽フェス「a-nation 2017」で初のヘッドライナーを務めるAAA。12年の歴史は数々の名曲を生み、こつこつと実績を積み上げ、名実ともにトップアーティストになりました。
そんなAAAのサマーソング! この夏はAAAのサマージューンで夏を盛り上げよう!

AAA

 

 

「AAAの夏に聞きたい音楽10選」のspotyfyはこちら


《購入サイト》

AAA Official HP:http://avex.jp/aaa/

AAA Twitter
西島隆弘 :https://twitter.com/NissyStaff
宇野実彩子: https://twitter.com/uno_uno_0716
日高光啓 :https://twitter.com/SkyHidaka
與真司郎 :https://twitter.com/A_Shinjirooooo
末吉秀太:https://twitter.com/shuuty_ss
STAFF :https://twitter.com/AAA_staff

 

画像出典:AAA公式サイト