モーニング娘。’20がよくわかる新曲たち! 『KOKORO&KARADA』の魅力

モーニング娘。’20がよくわかる新曲たち!  『KOKORO&KARADA』の魅力

今のモーニング娘。がよくわかるカタログのような3曲! 『KOKORO&KARADA』編

ハロー! プロジェクト(以下 ハロプロ)のモーニング娘。’20が、2020年1月22日に68thシングル『KOKORO&KARADA/LOVEペディア/人間関係No way way』をリリースしました。
本作は、2019年6月22日にモーニング娘。の新メンバーとして加入した15期(北川莉央、岡村ほまれ、山﨑愛生)のデビューシングルです。トリプルA面というラインナップは、それぞれのメンバーに活躍の場が用意されたバラエティ豊かな楽曲なっていて、新メンバー3人にも見せ場が用意されています。

そんな3曲の見どころを1曲ずつレビュー!
最後は、譜久村聖・佐藤優樹・小田さくらがメインを務める『KOKORO&KARADA』です。
モーニング娘。’20の歌唱において軸となるメンバー3人によるモーニング娘。のマジな部分を紹介します!!

・LOVEペディアのレビュー記事はこちら
・人間関係No way wayのレビュー記事はこちら


モーニング娘。’20 /  KOKORO&KARADA

作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:大久保薫
MV Director:ZUMI
センター:譜久村聖・佐藤優樹・小田さくら
歌割り:譜久村聖・佐藤優樹・小田さくらがメイン

『KOKORO&KARADA』は、最初にMVがアップされ、ツアーでも披露されていた楽曲です。CGをフル活用したMVとつんく♂が手がけるメッセージ性の強い楽曲が相まって、ハイクオリティな出来になっています。これを新人にやらせるのかというレベルですね。

これまで、『LOVEペディア』は、昨年新メンバーとして加入した北川莉央岡村ほまれ山﨑愛生がフィーチャーされた楽曲。『人間関係No way way』は、12期(野中美希牧野真莉愛羽賀朱音)13期(加賀楓横山玲奈)がメインとなってパフォーマンスする楽曲と紹介しましたが、『KOKORO&KARADA』は、譜久村聖佐藤優樹小田さくらというモーニング娘。’20の歌唱力TOP3がメインを担当しています。

振付に関しては、一つ一つの振りは難しいものではないですが、ボディーコントロールやポージングがキッチリ決まるとよりかっこよく見える振付になっていて、ダンスのベーシックができているメンバーを随所に目立つ場所を入れることでその効果は最大限に。さらに、得意のフォーメーションダンスを盛り込むことで全体的に美しく見えるように作られています。

メインの3人の歌唱に注目すると
楽曲の歌詞に深く入り込み、それを歌に反映させる譜久村聖
独自の解釈と表現で楽曲の世界観の幅を広げる佐藤優樹
歌唱全体で足りないものや尖がっている部分を高い技術で包み込む、最終調整をする小田さくら

それぞれ、歌唱力が高いを共通項に、役割や個性が違う歌い方で、質の高い歌声を生み出しています。これが、今のモーニング娘。の歌唱の軸なのです。

譜久村聖
譜久村聖
佐藤優樹
佐藤優樹
小田さくら
小田さくら

この3人がBメロでソロ回しをする部分では、他のメンバーがコーラスで追っかけをするパートがあります。
この歌割りの構成は初期のモーニング娘。でも使われていたので、長い歴史から見ても、これはモーニング娘。の見せ方の一つなのだと思います。

MVのメンバー鑑賞会動画も公開されているので、こちらでメンバーのリアクションを見ながら楽しむことのもオススメです。

15期バージョンもオススメ。全員バージョンと繋がりがある箇所があります!


このメンバーの存在を忘れちゃいけない! 14期メンバー森戸知沙希

今作の『KOKORO&KARADA/LOVEペディア/人間関係No way way』は、全メンバーに見せ場があり、今のモーニング娘。を知るのに持ってこいなカタログのような3曲と紹介しました。
しかし、実は今作唯一歌割りがないメンバーがいます。それは14期メンバーの森戸知沙希です。

カントリー・ガールズと兼任しながら、グループ内でも高い人気をもつメンバー。なぜそんな森戸知沙希だけソロパートがないのか?

これは筆者の考察ですが、まず今作のレコーディング時期とカントリー・ガールズのラストランが被っていたことです。
カントリー・ガールズは昨年末に活動休止しましたが、その間もベストアルバムのレコーディングがあったり、ラストライブのリハーサルもありました。森戸知沙希はそれをモーニング娘。の活動と並行して行なっていましたので、新曲のレコーディングでベストなパフォーマンスができなかった可能性があります。

そして、2つ目に喉の調子です。最近発表されましたが、声帯の結節が見つかり、ずっと声が出しづらい状況だったようです。上記の通り多忙なスケジュールでしたから、調子が良くないのをケアする時間もなくここまで来たように思えます。

最後に、前作でかなり推されていたということも関係しているでしょう。
モーニング娘。に加入してから、歌割りやポジションでもいいところもらっていた森戸知沙希ですが、前作の『青春Night』では、歌割りとポジションで目立つだけでなく、MVの冒頭とラストにソロで演技シーンをもらうという大フィーチャーを受けました。

前作でフィーチャーしたので、今回は他のメンバーをフィーチャーしようという制作側の狙いもあったのかもしれません。

とはいえ、森戸知沙希はパフォーマンス面でモーニング娘。の重要メンバーであることは変わりありません。ダンスのベーシックがしっかりしているので、上述した『KOKORO&KARADA』の振付の完成度に大きく貢献していますし、カントリー・ガールズという可愛いアイドルの王道を表現してきた経験を活かして、初々しくて可愛い15期メンバーと一緒に可愛い楽曲をパフォーマンスできるという強みもあります。

次作ではどういうポジションになるのか、注目すべきメンバーです。

森戸知沙希
森戸知沙希

モーニング娘。の歌唱力TOP3がメインを務める『KOKORO&KARADA』。
モーニング娘。’20のハイクオリティな部分を垣間見える楽曲になっています。

このレビューで、新曲3つのレビューが揃いました。
みんなでわちゃわちゃするのもモーニング娘。、精鋭部隊でしっかりと聴かせるのもモーニング娘。、フィーチャーされてないメンバーに注目してみるのもモーニング娘。

まさに、モーニング娘。のことがわかるカタログのような3曲です。

モーニング娘。’20がよくわかる新曲たち! 『LOVEペディア』の魅力

モーニング娘。’20がよくわかる新曲たち! 『人間関係No way way』の魅力

【リリースイベントの動画レポートはこちら↓】


《購入サイト》

《Web & SNS》
モーニング娘。’20公式サイト:http://www.helloproject.com/morningmusume/

モーニング娘。’20公式Twitter:https://twitter.com/MorningMusumeMg

モーニング娘。’20公式Instagram:https://www.instagram.com/morningmusume_official/

モーニング娘。’20公式YouTubeはこちら

モーニング娘。’20公式ブログ

9期:http://ameblo.jp/morningmusume-9ki

10期・11期:http://ameblo.jp/morningmusume-10ki

12期:http://ameblo.jp/mm-12ki

13期・14期:http://ameblo.jp/morningm-13ki/
15期:https://ameblo.jp/morningmusume15ki/