モーニング娘。’20がよくわかる新曲たち! 『人間関係No way way』の魅力

モーニング娘。’20がよくわかる新曲たち!  『人間関係No way way』の魅力

今のモーニング娘。がよくわかるカタログのような3曲! 『人間関係No way way』編

ハロー! プロジェクト(以下 ハロプロ)のモーニング娘。’20が、2020年1月22日に68thシングル『KOKORO&KARADA/LOVEペディア/人間関係No way way』をリリースしました。
本作は、2019年6月22日にモーニング娘。の新メンバーとして加入した15期(北川莉央、岡村ほまれ、山﨑愛生)のデビューシングルです。トリプルA面というラインナップは、それぞれのメンバーに活躍の場が用意されたバラエティ豊かな楽曲なっていて、新メンバー3人にも見せ場が用意されています。

そんな3曲の見どころを1曲ずつレビュー!
続いて、12期と13期メンバーがメインを務める『人間関係No way way』です。
モーニング娘。’20の中堅世代が見せるパフォーマンスとその中で特にキーパーソンになっているあるメンバーに注目して紹介します!

LOVEペディアのレビュー記事はこちら
KOKORO&KARADAのレビュー記事はこちら


モーニング娘。’20 /  人間関係No way way

作詞:児玉雨子
作曲:オオヤギヒロオ
編曲:鈴木俊介
MV Director:田村啓介
センター:(牧野真莉愛、加賀楓)
歌割り:12期・13期メイン

『LOVEペディア』の記事でも書きましたが、『人間関係No way way』と『LOVEペディア』は、同じメロディで、歌詞・サウンド・振付・歌割りが異なるというモーニング娘。史上初の試みとなるセット曲です。ざっくりと歌詞に触れると、複雑な人間関係に悩む姿を歌っていて、共感できる人も多い内容になっています。

『LOVEペディア』は、昨年新メンバーとして加入した北川莉央岡村ほまれ山﨑愛生がフィーチャーされていますが、『人間関係No way way』は、12期(野中美希牧野真莉愛羽賀朱音)13期(加賀楓横山玲奈)がメインとなってパフォーマンスを見せています。

そこに、15期に変わって、譜久村聖佐藤優樹小田さくらというモーニング娘。’20の歌唱力TOP3が加わり、サブリーダーの生田衣梨奈石田亜佑美が『LOVEペディア』に続いて、印象的なパートを担当。
シックな衣装も相まって、大人の雰囲気が強いパフォーマンスに仕上がっています。

この楽曲でメインを任されている12期と13期は、現モーニング娘。’20において、中堅にあたる世代です(14期の森戸知沙希含む)。
15期メンバーが入ったので、いつまでも後輩という立場でもないですし、先輩メンバーをパフォーマンスで追い抜くために頭角を現したい時期に差し掛かったと言っていいでしょう。

冒頭のサビと間奏明けの大サビという重要なパートを、12期と13期がソロで回し、前半のセンターを牧野真莉愛、後半のセンターを加賀楓が担当する。彼女たち中堅世代が、新たなモーニング娘。を見せる勇姿こそ、この楽曲最大の見どころだと思います。

この楽曲を発表する前から、各々パフォーマンス面で頭角を現したり、実績を作ってきたメンバーもいますが、世代全体でチャンスをもらった楽曲が、シングルカットされるのは今作が初です。

15期がメインの『LOVEペディア』が、かなり先のモーニング娘。の明るい未来だとすれば、『人間関係No way way』は、そう遠くないモーニング娘。の来るべき未来だと思います。
メンバーの進化や変化も魅力であるモーニング娘。ですが、この2曲は、モーニング娘。の変換期を楽しめる楽曲です。

MVのメンバー鑑賞会動画も公開されているので、こちらでメンバーのリアクションを見ながら楽しむことをオススメします。


ついに加賀楓が動き出す! ソロパートもらいまくりで一気にセンターへ

ここまで、12期13期が活躍していることを書いてきましたが、その中でも今回特に注目したいのは、13期メンバーの加賀楓です。

加賀楓
加賀楓

『LOVEペディア』と『人間関係No way way』で多くのソロパートをもらい、『人間関係No way way』では、後半でセンターを担当するなど、大躍進を見せています。そんな加賀楓ですが、実は歌割りに関してはこれまで大苦戦していたのをご存知でしょうか?

彼女は、2017年にリリースされた『BRAND NEW MORNING』でデビューしましたが、この楽曲でソロパートをもらって以来、シングル曲でのソロパートは一つもありませんでした。その状態で15期メンバーを迎えた新曲リリース。
正直、本人も加賀楓ファンも不安だったのではないでしょうか。もしかしたらこの曲で新メンバーにソロパートの数を抜かされてしまうんじゃないか? そんな恐怖とも言える事案に頭を悩ませていたと思いますし、他のメンバーのファンも心配していたように思えます。

しかし、蓋を開ければ多くのソロパートとセンターポジションの獲得という嬉しい結果が待っていました。筆者は、新曲のリリースイベントに行きまして、実際に『人間関係No way way』のパフォーマンスを見たのですが、存在感もありましたし、同曲の「伝わらない」というソロパートに込められた彼女の気合いに背筋がゾクゾクしたのを覚えています。

加賀楓は、元々ハロプロ研修生で長年活動し、研修生内で行われる楽曲オーディションでも、常に合格か最終メンバーに残っていたので、得意のダンスだけでなく、歌唱力も期待されていたメンバーです。
モーニング娘。に加入してからは、自分の歌い方を模索&確立するのに苦戦し、研修生時代の勢いがなくなっていましたが、見事返り咲きに成功しました。

研修生時代の話が出たので、もう少しだけ書きたいことがあるのですが、『人間関係No way way』は、12期メンバーの牧野真莉愛が前半のセンターを担当しています。この二人、モーニンング娘。では先輩後輩の間柄ですが、実はハロプロ研修生時代は同期でした。そんな二人が、ついに歌とダンスでモーニング娘。の新曲で軸になる。そんなバックストーリーも感じながら『人間関係No way way』を視聴すると、また違った見応えがあると思います。

牧野真莉愛
牧野真莉愛
牧野真莉愛
加賀楓

この二人に関しては、また別の機会にコラムを書きたいものです。


モーニング娘。の中堅世代である12期13期がメインでパフォーマンスする『人間関係No way way』。
近い将来、モーニング娘。の主軸になる世代が活躍する楽曲です。

 

モーニング娘。’20がよくわかる新曲たち! 『LOVEペディア』の魅力

モーニング娘。’20がよくわかる新曲たち! 『KOKORO&KARADA』の魅力

【リリースイベントの動画レポートはこちら↓】


《購入サイト》

《Web & SNS》
モーニング娘。’20公式サイト:http://www.helloproject.com/morningmusume/

モーニング娘。’20公式Twitter:https://twitter.com/MorningMusumeMg

モーニング娘。’20公式Instagram:https://www.instagram.com/morningmusume_official/

モーニング娘。’20公式YouTubeはこちら

モーニング娘。’20公式ブログ

9期:http://ameblo.jp/morningmusume-9ki

10期・11期:http://ameblo.jp/morningmusume-10ki

12期:http://ameblo.jp/mm-12ki

13期・14期:http://ameblo.jp/morningm-13ki/
15期:https://ameblo.jp/morningmusume15ki/